美容成分が豊富でイボのようなポツポツにも効果的と評判のオールインワンジェル、わらびはだ。

そんなわらびはだですが、成分は安全なのでしょうか?

全成分を分析してみました!

 

わらびはだの成分を分析

わらびはだの成分を分析してみました。

全成分

わらびはだの全成分はこちらです。

全成分:水・BG・グリセリン・エタノール・スクワラン・ホホバ種子油・ユビキノン・セリン・グリチルリン酸2K・アラントイン・シークヮーサー果皮エキス・アセロラエキス・加水分解アナツバメ巣エキス・アロエベラ葉エキス・ヨクイニンエキス・キハダ樹皮エキス・水溶性コラーゲン・プラセンタエキス(馬)・加水分解コラーゲン・ヒアルロン酸Na・ヒトオリゴペプチド-1・リン酸Na・レシチン・ダイズ油・フェノキシエタノール・オクラ果皮エキス・ゲットウ葉エキス・ヘチマエキス・オリゴペプチド-24PEG-60・水添ヒマシ油・カルボマー・水酸化KHEDTA-3Na・メチルイソチアゾリノン

注目成分を一つずつ見てきましょう。

EGF ヒトオリゴペプチド-1

ノーベル賞受賞成分ともよく呼ばれています。

というのも、ノーベル賞を受賞したスタンリー・コーエン博士が発見した成分だからです。
上皮成長因子とも呼ばれ、細胞の成長の促進や機能を整えてくれるすごい成分です。

以前は1g8000万円もするほどの希少成分。

現在では、高価な化粧品に多く配合されています。

ヒアルロン酸

いわずと知れた成分ですね。

ヒアルロン酸は肌の潤いを維持する効果を持っています。

なんと、1gのヒアルロン酸があれば6リットルの水を維持できると言われるほどの保水力です。
しかし、年齢を重ねるにつれて減少してしまう成分なので、肌の潤いを保つには外部や内部から補う必要があります。

馬プラセンタ

プラセンタは美容成分として非常に有名ですね。
肌をしっとりとさせ、きめ細かくしてくれる役割を持っています。
わらびはだには豚プラセンタではなく、より人間の胎盤に近い構成をしている馬プラセンタが配合されているのもポイントです。

コエンザイムQ10

よく聞く美容成分トップ10に入るのではないでしょうか?

この成分は細胞のエネルギー生成をサポートしてくれるので、細胞の活性化には欠かせない成分になります。

アロエベラ

コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促してくれるのがこのアロエベラです。
宮古島で取れたアロエを使用しています。

ヘチマエキス

保湿力を高め、肌のバリア機能を向上させる働きをもったエキスです。

オクラエキス

タンパク質をエネルギーに変える性質を持ち、肌をもっちりさせる力があります。

アセロラエキス

メラニン抑制効果をもっており、肌の保湿効果もあります。

シークワーサー果皮エキス

こちらもメラニン抑制効果を持っている成分です。

ゲットウ(月桃)葉エキス

抗酸化作用と肌のダメージ軽減をする作用を持っています。

肌年齢の原因に効くと言われる成分です。

注目成分をみると、美容成分がふんだんに配合されているのがわかります。

オールインワンジェルでここまでの美容成分が配合されているのは珍しいという印象です。

 

わらびはだの成分に副作用はある?

副作用の心配はほぼありませんが、わらびはだには一点気になる成分があります。

それはエタノールです。

エタノールは若干刺激を感じる人も稀にいるため、苦手という人は購入は避けた方が無難かもしれません。

しかし、それ以外で考えると極めて安全な成分だけで構成されています。

下の4つのフリーを実現しているのも高評価です。

・無香料
・無着色
・無鉱物油
・ノンパラベン

また、人間の肌と同じ弱酸性なので「肌に合わない」と言う人もかなり少ないです。

肌質、子供や老人、性別関係なく使用できるように開発されています。

たとえ敏感肌でも問題なく使用することができます。

 

わらびはだの口コミが気になる人はこちらの記事へどうぞ
→わらびはだの口コミから分かる【唯一のデメリット】とは?

わらびはだの最安値を知りたい人は下の記事をご覧ください。
→わらびはだが安いのは楽天・Amazon?【本当の最安値はココ】